提灯のお手入れ|提灯の通販専門店による祭・居酒屋などの特注名入れちょうちん作成や販売ならお任せ下さい。

【提灯の卸】は特注製作の専門店として自信を持ってお薦め致します。

激安!短納期!親切応対!をコンセプトに、ご希望のオリジナルデザインの名入れ制作から販売までご提供致します。

提灯の卸イメージ画像
 

トップページ>提灯のお手入れ

提灯のお手入れ

通販店の当店で激安販売と格安特注制作しておりますオリジナル提灯はさまざまなサイズや形状のものがありますが、素材という観点から見るとそれは大きくふたつ、和紙タイプとビニールタイプにわけることができます。

そこで、ここではその素材別に、提灯のお手入れ方法について紹介してみたいと思います。

提燈のご購入や特注作成をお考えのお客様は是非一度、目を通しておくことをお勧め致します。


和紙提灯の場合

置き型にせよ吊るし型にせよ、飾っている間は提灯自体に埃などが溜まらないよう、マメにハタキをかけて下さい。ただしあまり強い力でそれをやると和紙に傷がつき、破けてしまうおそれがあるため注意が必要です。

またお祭りなどで利用した際に提燈が雨に濡れてしまった場合は、そのまま風通しの良い日陰に数日間置き、よく乾燥させてください。

これを怠ったままちょうちんを畳んで保管してしまうと、濡れた部分の骨と皮が分離してしまうおそれがありますので注意してください。

また提灯の保管方法ですが上記したように埃と水気をしっかりと取り、それから新聞紙などに包んで密封して下さい。折り畳むときは重化(上下の桶の部分)が皮にあたって傷つけてしまわないよう、当て紙として内部にも新聞紙などを入れて下さい。

さらに衣類用の防虫剤などを提燈の箱の中に入れておくと虫食いなどの心配もないため、お勧めです。


ビニール提灯の場合

発色の良いプリント印刷が可能で価格も安いビニールちょうちんですが、基本的な手入れ方法は和紙と同じで、よくハタキかけをして埃の付着を避けるようにしてください。

また濡れたときですがこちらはビニール素材ですので和紙よりは耐久性も高くは出来ていますが、それでも和紙のものと同様、風通しの良い日陰にてしっかりと提燈を乾燥させて下さい。

これを折り畳んで重ねて保管する場合は高温多湿な場所は避け、さらに表面には軽くベビーパウダーなどを振っておくと、ビニール同士の癒着を避けることができます。またこのビニール提灯を再び広げる際、もしくっついてしまっている箇所がある場合には無理に剥がすことはせず、ヤカンなどで蒸気を当てて下さい。とくにオーダー製作のものなどはプリントがはがれてしまう場合もありますので、より慎重に扱うよう、お願い致します。


大量ロット専用お見積り 通常ロット専用お見積り お問い合わせはお気軽に。

提灯の卸ロゴマーク