伝統的な提灯の種類|提灯の通販専門店による祭・居酒屋などの特注名入れちょうちん作成や販売ならお任せ下さい。

【提灯の卸】は特注製作の専門店として自信を持ってお薦め致します。

激安!短納期!親切応対!をコンセプトに、ご希望のオリジナルデザインの名入れ制作から販売までご提供致します。

提灯の卸イメージ画像
 

トップページ>伝統的な提灯の種類

伝統的な提灯の種類

「提灯」と聞くと皆さんはどのようなものを思い浮かべますでしょうか?

居酒屋などの店頭に掲げて看板代わりのような役割りを果たしている赤ちょうちんや、大小さまざまなサイズでオーダー製作された装飾として神社などで利用されているもの、また、日本各地の観光地で格安販売されている小さな土産用などさまざまなものがありますが、当店ではどんなタイプであれ、お客様のご希望通りの形状とサイズ、そしてオリジナルデザインでの特注作成が可能となっております。

そこで、このページでは伝統的な提燈の種類をいくつか紹介し、より親しみを持って頂くと同時にデザイン制作の際の参考にして頂ければと思っておりますので、宜しければごゆっくりご覧下さい。


看板用の提灯

これは皆さんも街中にある居酒屋の店頭などで最もよく見かけるタイプではないでしょうか。形状は断面図的に見ると縦長の楕円形に見える長型や、別名「小田原提燈」とも呼ばれている長方形のような形状の桶型などがあり、サイズも60cm程度から特大の185cmのものまでさまざまです。

通販専門店の当店においてもオリジナル製作を承る最も多いタイプはこちらの看板提灯で、素材も昔ながらの和紙タイプから扱いやすいビニールタイプまでご用意しております。

特にビニール提燈は価格も安いですし、プリント印刷も綺麗にできるため人気があります。


弓張提灯

これは円筒型、卵型、丸型などさまざまな形状がありますが、その名の通り竹弓の弾力を利用して火袋を上下から安定させ、この弓部分を持ち手として利用する、現代における懐中電灯のような役割りを果たしていた提灯です。時代劇等で岡っ引きなどが手にしているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

現代においてもこれは日本各地で行われる伝統的なお祭りや、観光地で激安販売されている土産物などにも広く利用されています。


盆提灯

これはその名の通りお盆のお飾りとして利用される提灯で、故人や先祖の霊が迷うことなく帰って来られるその目印とされています。

形状は一般的には丸型に近い火袋に脚を三本取り付けた置き型のタイプと、紐などで上から吊るすタイプに分けられますが、どちらも火袋には美しく上品な花の絵や家紋などがあしらわれています。


大量ロット専用お見積り 通常ロット専用お見積り お問い合わせはお気軽に。

提灯の卸ロゴマーク